私は小さい頃からニキビがあり色が白いということもあり赤ら顔だったのをずっと気にしていました。小さい頃なのでたいしたスキンケアはしていなかったので尚更治りませんでした。中学生に入った頃から物凄く気になるようになりそれからはお風呂にあがったあと化粧水と保湿クリームを塗るように意識してしていました。すぐには中々なおりませんでしたが、ちょっとずつですがニキビやお肌の赤みも変わってきました。次第に化粧をするようにもなりなおさら意識して今でもずっと続けています。インナーブラン 効果
今はお風呂あがりにはもちろん昔と変わらず化粧水、保湿クリームを塗り、時間のあるときは軽く顔のリンパマッサージをしています。顔がむくみやすく写真を撮るとパンパンに見えてしまうのでほんの少しでもいいからマッサージしたり顔の下から上へと撫でたりするようにしています!朝の洗顔後も欠かさず化粧水と保湿クリームを塗りその上から化粧をしています。だんだんシワも増えたりたるんだりしてくるので今のうちからのケアで10年後などが大きく変わるのかなと思い意識してケアしています。

私がダイエットをしようと決意したのは「不意打ち」で撮影された自分の横顔を見たことがキッカケです。
女子会として開かれた4人友達の飲み会で、酔いが回った頃ふざけて写メを撮り合いました。
飲み会から数日後に一緒に飲んだ仲間のSNSを見てみると、飲み会で撮影された写メが投稿されていました。
その中に、撮影されていることに気付いておらず気を抜いている私の横顔の写メがあったのです。
その横顔は、顎のないオットセイのような二重アゴでした。
コメント欄にも「バナナマンの日村さん?」という言葉があり、非常にショックでした。
体重が増えつつあるのは自覚していましたが、まさかここまでとは思っておらず「このままではいけないっ!」とダイエットを決意しました。

ダイエットを決意し、まず始めたのは寝る前の「全身ストレッチ」と朝食前の「ウォーキング」です。
過去に体重の数値にとらわれて減量をし、精神を病んだことがあったので、数字を気にせず全身に筋肉をつけて引き締まった体を目指しました。
また、クレンジングの際に顔周辺のリンパマッサージも心がけました。
すると、ストレッチやウォーキング、マッサージを始めて1カ月でズボンが緩くなったのです。
久しぶりに測った体重は2kgしか減っていませんでしたが、体感的にはとても満足な結果です。
そして顔もすっきりとし、鏡を2枚使って横顔をチェックすると顎周辺のお肉も減ったことが実感できました。
これからも習慣として続けていこうと思います。

20から30代の時はブランド志向が強く、化粧品もシャネルやランコムを使用し、時々しか買えませんがスーツもシャネルを着ていたりしてました。ですが、体重が50キロあったので(身長は156です)シャネルのスーツが似合わなかったのです。格好良く着こなしたいと思い、ダイエットを決意しました。美容に関しては、特に何もしていなくても肌は綺麗だと言われていました。母親が同じ肌質なので遺伝だと思います。それでも、クレンジングや洗顔に関しては、ファンケルの商品を使用しかなり丁寧に洗顔していました。
特別な予定変更が無い限り夕飯は夕方6時以降は食べません。食事も栄養バランスを考えて、野菜が多め、卵料理や豆料理を中心にしています。前日にお肉などを食べすぎた場合は、翌日の食事は野菜スープとフルーツだけにしています。これで50キロから39キロに減量成功し、今もリバウンドしていません。美容に関しては、年齢と共に良い基礎化粧品を使うのをやめました。以前はシャネルやランコムなど使用していましたが、現在は自然派のシンプルな物に変更しています。30代の頃よりも40代の今の方が体重も落ちて、肌も綺麗になった気がします。